薬剤師としての転職状況

薬剤師という仕事は転職がかなり多く行われることで知られています。薬

その理由は薬剤師という仕事が国家資格による排他的業務であることから資格所有者が他の業種に比べて求人を選びやすいためです。

一度取得をした資格は一生使っていくことができるので、出産や育児などにより一時的に現場を離れたり、家族の都合で転勤をすることになったりした場合であっても新たに薬剤師として仕事を探していくことができます。

薬剤師の資格を取得し実際に業務に従事している人を見ると、全体の7割程度が女性となっているのですがそれもこのような再就職のしやすさが関係していると言えるでしょう。

また薬剤師は独立をして自ら調剤薬局を作ることができるため、将来的に自分なりのペースで勤務をしたいと思う人にとっても便利な資格となっています。

薬剤師自体への社会的ニーズも年々高まる傾向にあるため、今後は薬剤師たちが独自に新しく業務を発信していくことにもなります。

転職先として選ばれる職場

多様化する薬剤師の仕事ですが、実際に現在どういった職場で薬剤師が求められているかということについては案外薬剤師として働いている人もよくわからなかったりします。

新卒で就職をして数年を過ごしたという薬剤師の場合、その間に社会の動きが大きく変化をしたことにより、以前には全くなかったような職種で薬剤師が求人されていたというようなこともあります。

ですのでもし現在薬剤師としての転職や復職を考えているなら、まずは市場調査として薬剤師の職場はどのようになっているかを知っておく必要があります。

参考>>薬剤師の求人・転職・募集なら「薬剤師転職ドットコム」

現在ではこのように薬剤師という資格専門で求人情報を集めるサービスも登場してきているので、まずはこの検索システムを使って具体的な求人情報を調べてみるのがよいでしょう。

気になる求人が見つかった場合などはサイトに登録をすることで専門のキャリアスタッフよりその求人についてのより詳しい情報を教えてもらうことができます。

転職をするときの注意点など

求人数ということではそれほど苦労なく探すことができる薬剤師ですが、希望通りの転職をするためには目先の情報だけで判断してはいけません。

どの医療関連施設にも言えることですが、求人票として出されている情報だけでは職場の雰囲気や忙しさ、勤務をするときの留意点などがわからないためです。

薬剤師の職場は年々広がりを見せているため、病院施設や調剤薬局、ドラッグストアの他にも介護施設や民間の製薬会社などからも数多く求人が出されるようになりました。

勤務をするときには給与面だけでなく勤務をする場合のシフトや時間、時間外手当などについても確認をとっておかないとあとから「こんなはずじゃなかった」という思いをしてしまうかもしれません。

調剤業務に限定せずに別の形で薬剤師のキャリアを活かせる仕事も数多くあるため、実際の就職活動に入る前に一度求人情報サイトなどで相談をしてみるというのもよい方法です。