人手不足の業界

看護師は昔から人手不足の業界と言われており、それは労働環境が悪いことに起因します。
夜勤などがあり生活リズムが安定しない、人の命に関わる責任の大きな仕事である、患者さんとの対応で精神的に大変、重労働の作業が多い、などのことで退職する看護師さんも多いです。
女性がメインの職場のために、結婚や出産で仕事のリズムが変わるのも大きく影響します。
そのようなことで、資格はあるけど復帰はしない看護師もいます。

力が必要な場面も多く、そのために今後は男性の看護師も期待されており、徐々に現場での男性看護師の割合は増えています。

看護師を目指す人が増えている

看護師が不足している中で、その需要を見て目指す人も増えてきています。
看護大学も増えており、2014年には226校までにもなっています。
ただし学校さえ増やせば、看護師を十分な数が確保出来るかというとそうではなく、高いスキルを持った人物を養成する課程が必要となってきます。

また国内の看護師不足を補うために、外国人の看護師の受け入れも検討され、徐々に現場で実習する外国人看護師も増えています。
しかし外国人看護師の受け入れは、政府の考えとは裏腹に上手くいっていなのが現状です。
それは1つには日本語を話して患者さんとコミュニケーションをい取らないといけないということがあり、日本の文化を考慮しないといけないので、難しいものがあります。
また患者さんの方でも、カタコトの外国人に看護して欲しくないというのもあるようです。

看護師業界は重労働を強いられることが多い世界であり、日本人看護師でも辞める人が多い中で、外国人看護師も多くは辞めて定着しません。

将来性として

看護師の将来性があるかどうかと言えば、今後も人手不足は続きますので、需要は絶えない世界です。
どこでも募集はありますので、資格さえ持っていれば仕事をしようと思おうなら、すぐに採用にこぎ着けられます。
看護師を目指すのも良いですが、もしも看護師として働いているなら、病院以外にも介護施設や企業など働く場所は他にもあります。
看護師の資格を取得したなら、さらにスキルアップを目指して、保健師や助産師や専門看護師や認定看護師を目指すのも良いでしょう。

ただし働くとするなら、忙しく大変な世界であるのは間違いないです。
慢性的な人手不足の現場も多いので、日勤と夜勤を交代制でシフト組んで働き、食事時間がないようなときもあります。
生活リズムは崩れるのは覚悟しておいた方が良いです。
しかしその反面患者さんの力になって、ありがとうと言われたときは、どの職業よりもやりがいを感じる仕事なので、人を手助けしたいと思う人には最適の仕事です。