人間関係が大変

看護師でも他の業界のように、人間関係は大変です。
看護師同士はもちろん、医者や医療スタッフ、その他にも患者さんやその家族とも関わっていく仕事なので、とにかく人との関わりが多く、人間関係で大変なこともしばしばあります。
すべての人が、あなたと同じようにうまの合う関係とは限らないのです。

一緒に行動しても意見が合わなかったり、上司と上手くいかなかったり、患者さんからクレームがあったりと、何かと大変と感じることも多いです。
その反面、そんな人達と一緒に1つのことを成し遂げると、とてもやりがいを感じます。
また同時に、患者さんから有り難うとお礼を言われるこのときもやりがいを感じます。
人間関係で大変な反面、やりがいも多く感じられる仕事と言えるでしょう。

不規則な生活で大変

看護師として働くと、日勤ばかりでなく夜勤や病院によっては夕勤もあります。
そのような中で2交代や3交代制で仕事を行っていき、日夜を問わず働かなければなりません。
シフトを組んで仕事をしますので、規則正しい生活は難しく、生活は不規則になりがちです。

また人手不足の病院だと、休みの日でも急な呼び出しで仕事をせねばならなかったり、休みを取りたくても人手不足だからと、思い通りに休みが取れないこともあります。
仕事時間や休みに関しては、あまり自由はあるとは言えませんので、大変です。

気の抜けない仕事

患者さんの病気を相手に仕事しますので、気は抜けません。
いつも集中してミスのないように仕事をせねばならず、緊張感を持って仕事をします。
ミスの許されない職場でありながら、新人だと尚更大変です。
覚えることがあり、勉強しながら仕事をしていきます。
新人だからミスをしてしまいました、では済まされない世界です。

そして特に新人時代だと、聞いて見て尋ねて、とにかく五感をフルに活用して仕事を覚えていきます。
朝から晩まで忙しく動き回り、仕事が終わり定時が過ぎると、勉強会が待っています。
休みの日も勉強会があり、新人時代は休みもプライベートな時間も少なく大変です。
ただし新人時代は、ミスしても許され、分からないことがあれば聞くことが出来るという時期であり、これが新人と呼ばれる時期を過ぎると今まで何をやってきたんだということになります。

現実とも直面するのが看護師であり、病気で亡くなる患者さんも目にします。
初めてであれば精神的にダメージを受けてしまいますが、悲しんで感情に流されるようなことは出来ませんので、このような場面に直面しても、気をしっかりと持って仕事を続けていかねばなりません。
このような場面も何度か体験すれば、乗り越える方法も自然と身につきます。