より高いレベルの人材が求められる

医療現場もオートメーション化が進んできており、医療事務も縮小傾向にあります。
事務員の採用も昔と比べると少なくなってきており、少数精鋭で経営する病院も主流になりつつあります。
一方で医療事務の資格は取りやすく、取得する人も多いので、供給過多の傾向にあります。
今後も医療事務の採用倍率は増えると予想され、優秀な事務員が求められていきます。

仕事を行うなら、医療事務として求められるスキルのみならず、パソコン操作もできることは必須です。
また医療事務としての経験があるかどうか、コミュニケーション能力はあるかどうか、など事務のスキル以外の部分も見られます。

しかし医療事務として働くなら、医療クラークとしての道もあり、医師にとってはクラークはとても力強い存在です。
現場としても医師が不足して仕事が激務になっているので、補助してくれるクラークは助かります。
医療クラークの合格率は50%以上と低くないので、医療事務として実務経験があるなら、目指すのも一つの道です。
ただしクラークは、事務作業以外のことも行わねばならず、病院によって作業内容も違いますので、医療事務よりも仕事は大変です。

医療事務として働く場合

医療事務として働くなら、一度離職しても復職しやすく、景気に左右されずに働くことが出来、働く時間もある程度融通が利き、病院なら募集しているので全国何処ででも働けます。
パートとしても時間の都合をつけながら働けます。
しかし資格取得は容易なので、取得して働こうとする人は多く、最近は就職するのが厳しくなっています。

まず小さい病院だと即戦力が求められますので、経験者しか採用してくれません。
未経験者が大手病院などとなりますが、病院側はコスト削減を行ってきているので報酬は高くはないです。
運良く小さな病院で働けたとしても、人手不足だと休みは取りにくいです。

病院はオートメーション化が進んでおり、人の手がだんだんいらなくなってはいますが、それでも完全に無人化するということは無いです。
電子カルテにしても入力は人の手によって行っていますので、完全な無人化はなく、少なくとも今後数十年間は事務などで働く人が必要です。
ただ先に記載したとおり、今後はより優秀な人材が率先して採用される世界となります。

将来性をみるなら、縮小されていく業界ではあります。
看護師免許を持っていても難しいという場合もあり、報酬面を考えるとケアマネージャーの方が若干上です。
しかし逆に考えれば優秀な人材であれば、採用されて長く働くことが出来、安泰な世界とも言えます。
十分な実務経験があったり、優秀なスキルを身につけているなら、将来性があります。