医療事務の平均的な年収額

医療事務として勤務をする場合の平均的な年収額は約300万円~400万円と言われています。

これは一般的な会社員として正規雇用をされた場合の額とだいたい同じくらいなので、平均的な額の範囲に収まっているといえるでしょう。

医療事務の場合は一般的な事務職における経理業務に加えてレセプトの作成という特殊な業務は加わってきますが、慣れてくると他の事務職とだいたい内容は同じということで平均的な値の中に収まってくるということでしょう。

医療事務として勤務をする場合には事前に何らかの資格を取得しておかなければいけないということはないのですが、レセプトの作成はかなり特殊な計算方法となるためいきなり新人がまかされて間違いなく行うことができる業務ではありません。

そのため、それらをひと通り覚えるまでの期間として中途でも未経験で採用する場合はしばらくはかなり安い給与となることもあります。

昇給・キャリアアップのための方法

医療事務の仕事そのものは一般的な事務職と比較した時求人面で有利な条件となっています。

これはやはり診療報酬の計算やオペレーション、病棟クラーク、カルテの管理といった他の一般企業にはなりような業務が多く含まれてくることが関係しているからでしょう。

ただその分採用に関する競争率は厳しく、求人票で「未経験」とうたっている場所でも実質的には未経験・無資格では採用はかなり厳しいという状況となっています。

これから医療事務の仕事をしたいと希望するならやはり事前に何らかの関連資格をとっておくことはほぼ必須といえるでしょう。