医師事務作業補助

医師不足が問題となっている中で、現場の医師は激務に追われてパンク寸前となっています。
患者の診察からカルテ記載、さらには診断書や処方箋や紹介状作成まですべて一人で行っている医師も多いです。
このような事務作業が多くなっており、本来の医療に集中できずに疎かになっている、というのが現状です。

そこで医師の負担を減らすために誕生したのがドクターズクラークという資格です。
日本語だと医師事務作業補助と言い、医師の事務作業をサポートする目的で設立されました。
実際の仕事では医師の指示の元、事務作業を行っていきます。
2008年からはドクターズクラークを配置すると診療報酬請求の対象となり、今後設置する病院は増えていきます。

仕事内容

ドクターズクラークの仕事は4つに分けられます。

・医療文書作成代行
診断書の文書作成をし、診断書の他に処方箋や紹介状なども作成します。
病院で診察を行えば、多くの文書を作成しますので、仕事の機会は増えるでしょう。

・診療記録入力
電子カルテや、オーダー入力、検査結果出力などを行います。
診察記録入力をするために、外来診察に同席することもあります。

・事務作業
診療データ管理や院内統計や調査、カンファレンス準備など事務に関する業務を行います。

・行政対応
行政へ報告が必要な作業は、データ整理や入力を行って書類にして報告します。

実際の業務は病院によって違いはありますが、事務作業全般を行うのは間違いないです。
医療行為や調剤などは資格がないと行えませんので、全く行うことはありません。
ドクターズクラークとして働くなら、医療に関するそれなりの知識が求められます。

仕事をする場合

ドクターズクラークとして仕事をするなら、特別な資格を取得する必要はありません。
しかしその代わりに知識や技術を評価する方法として、医師事務作業補助技能認定試験という試験がありますので、この試験に合格しないとなりません。
この試験に合格すると、ドクターズクラークとして名乗れます。

事務関係全般の仕事をしますので、その知識は必要です。
仕事をしたいからと言って、募集しているところに応募するだけでは採用は難しいでしょう。
働く場所は小児科や外来などと、いくつもあります。
病院自体が細分化しているので、それぞれに対応した仕事内容となります。
特に小児科なら子供を相手にするスキル、外来なら外来患者を相手にするスキルが求められ、それぞれで必要な技術は違ってきます。

とは言っても、書類作成がメインであり、その書類の形式はどの病院でもさほど違いはないので、まずはその知識を身につけることです。
先の試験に合格するために通信講座などがありますので、それを受けるのが良いでしょう。