仕事は大変

歯科助手として働くと、大変と感じる人は多いです。
離職率が高くスタッフの入れ替えが激しい業界です。
歯科助手として働いて大変と思う理由は、給料が低い、社会保険に入れない、患者さんの血を触るので感染症が心配、勤務時間が長いということがあります。

歯科助手が大変と感じる原因については、多くの歯科医院が個人開業ということもあるかもしれません。
個人開業だと企業のような待遇が望めないというのがあり、また職場の人間関係にしても居心地が悪ければすぐに辞めてしまうというような人も多く、なかなか安定しない職業です。

またどこの業界でもありますが、新人いじめというのも歯科医院ではあります。
昔から働いている人には院長は何も言わないのに、同じミスをすると新人には口うるさくいうということはあります。
どうしても新人の方が言いやすいので、このようなことが起こってしまいます。

具体的に大変なこと

それではどのようなことが大変なのでしょうか?

・求人内容と違う

多くの歯科助手が思うことが、求人内容と違うということです。
求人内容は良いと思うようなことが書いていたのに、実際に働くと違うということはよくあります。
事務受付だけと記載されていたのに、掃除や洗濯などまでさせられてしまうというようなこともあります。
しかしこのような仕事は新人の仕事としては当たり前なので、応募前には雑務も仕事としてあると考えていた方が良いでしょう。

・専門用語を覚えるのが大変

特別な資格がなくても働けるのが歯科助手ですが、それ故に仕事を始めて専門用語を覚えるとなると大変です。
大学などで予備知識を学んでないので、覚えていくには自分で勉強していかないと仕事についていけなくなります。
また事務をするとなると、医療事務についても覚えないとならず、カルテの作り方などを覚える必要があるかもしれません。

・人間関係

どこの企業でもあることですが、やはり歯科医院でも人間関係はあります。
周りの人と上手くやれば仕事もスムーズに進みますが、ぎくしゃくしてくると円滑な体制での仕事が出来なくなります。
人間関係が上手くいかずに辞めると言う人も多く、上手くいかないのに働いていくのは苦痛にしかなりません。

・休みが思うように取れない

歯科医院は人手不足の業界であり、歯科助手は不足気味です。
これは乱立する歯科医院に原因があります。
人手不足となると、思うように休みが取れない、仕事時間が長いということになり、プライベートな時間が取りにくくなります。
また人手不足から、歯科助手が本来行ってはいけない業務、カルテ作成、詰め物除去、フッ素塗布などをさせられる歯科医院も多いです。
これらの行為が発覚すると書類送検になるので、気をつけた方が良いです。