子供の年齢に合わせる

子供は虫歯になったとしても、歯科医院にはなかなか行こうとはしません。
それは歯科院での治療は怖いものだと先入観があり、どうしても治療の道具の音が苦手という子供も多いようです。
しかし予防歯科のために定期的に訪れる子供や、親に無理矢理連れて行かれる子供などがいます。
どうにか歯科医院に来たとしても、診察台に横になり口を開けてもらわないと診療は出来ません。

やはり小さな子供の場合は、歯科助手の方も優しい言葉をかけて、怖くないところだと思わせないといけません。
優しい歯科助手の人がいる場所だと思えば、素直に診療にも応じてくれます。
しかし幼稚園以降の大人の言葉が理解できるようになった子供の場合は、もちろん優しく対応するのは大事ですが、診察室に親まで一緒に入らせるのは良くありません。
親に甘えて上手く診療が進まないことがあります。

ただしどのような場合も必ず親とは別にして、診療を受けさせるのが良いとは限りませんので、子供や親の性格を見て、親と一緒に診療を受けさせるかどうか判断すべきです。
この判断を下すのも歯科助手の腕の見せ所であり、やはり経験を積まないと適切な判断は難しいかもしれません。

中には保護者の方がすぐ終わるよと言って、子供を診察台に向かわせることもありますが、すぐ終わらなければ歯医者嫌いになるので、このような親は待合室で待ってもらっていた方が得策です。

診察台に上がった子供が、治療に対して不安に思っているような場合は、声をかけて安心させるのも良いですが、子供用のアニメの音楽を携帯プレイヤーを使ってヘッドフォンで聞かせる、絵本などを読んで気を紛らわせるなどのことをしても良いでしょう。

保護者からの質問

保護者が子供の歯の状態について質問してくることもあります。
例えば、お菓子を食べさせても良いのか、指しゃぶりをしてしまう、歯並びについてなどの質問があります。
このような時に、歯科助手が勝手な判断で回答するのは良くないので、予め質問される内容を想定し、医師に確認し、回答を用意しておくのが良いです。

また保護者と一緒に子供が歯科医院にやってきたとしても、しつけが出来ずに、好き勝手に暴れ回る子供もいます。
歯科医院にはこのような親子以外の患者さんが多数やってきますので、子供が暴れると迷惑になります。
しかし保護者だけで対応できないような場合は、歯科助手がフォローして、絵本やおもちゃの方に誘導するなどのことを、する必要も出てきますので、これも大変です。

歯科助手は患者さんのサポートをするのが仕事であり、それは若い人からお年寄りまで、さらには子供のサポートもしないとなりません。
そして子供は予想外のことをしますので、このときの対応が腕の見せ所です。