Category保健師

産業保健師

仕事内容

企業で働く従業員の健康を維持するのが仕事であり、勤務場所はその企業内となります。
企業に保健室や医務室などがあり、そこに待機して仕事をします。
勤務中に体調不良になった人が訪れたり、怪我をした人が来れば手当をして、さらには健康診断の実施や健康指導なども行います。
従業員の健康相談にも応じ、時には職場の人間関係などの悩みも聞き、カウンセラーのようなことも行います。

仕事を行うとその内容は幅広いので深い知識と判断力、そしてカウンセリング能力が求められます。
企業で勤務すると常勤の医師はいませんので、従業員の体調不良や怪我は、すべて産業保健師が対応します。
特に傷の手当てや病気の看護など、看護師と同じような技術が必要です。
しかし全てのケースを一人で対応するのではなく、保健師の範囲を超えていると思われるケースは、医療機関へ行くようにすすめます。

ただし医療機関へ行くと、その従業員は仕事が出来なくなりますので、その判断は難しいところです。
カウンセリングも行いますので、働く保健師の中にはカウンセラーの資格を取る人もいます。
企業によっては保健師に求められることは違い、実際に働くならその企業の特色をよく知るとスムーズに業務が行えます。

産業保健師になるには

産業保健師になるには、もちろん保健師としての資格も必要ですが、それ以上にその企業の健康管理を行えるかが重要です。
これは働くと社員の話しを聞いて、きちんと対応策を伝えるということが出来ないとなりません。
多くの場合は、産業保健師になるには、転職サイトなどを利用して募集しているところに応募しますが、必ず面接はあります。
その面接の時には、面接官の話をしっかり聞いて、的確に答えられるかということが見られます。

また企業ごとにも求める人材が違いますので、応募する前にはその企業のリサーチは必須です。
しかし個人でそれを知るには限界がありますので、転職コンサルタントなどを利用して知るというのが良いでしょう。
面接では資格取得していることはもちろんですが、それ以上にその資格を利用して過去にどのような成果を上げたかが注目されます。
やはり実績がないと採用はされませんので、新人の保健師で応募するのは無謀です。
どこかで働いて実績をつけてから応募した方がいいでしょう。

産業保健師を目指すなら、履歴書の書き方や面接の仕方など、こればかり勉強しても採用は難しいです。
小手先の技術だけでなれる職業ではありません。
面接官は、常にその人物が企業で使えるのかどうかを見ますので、使えない人物と判断されては、いくら履歴書や面接の仕方が良くても採用にはなりません。
まずは実績を積み重ねることを目指しましょう。

保健師の今後

予防医学の面から

保健師は従来から、地域や企業で病気の予防や健康相談などを行っており、健康に関する知識や公衆衛生の普及に努めてきました。
医学では最近になって重要なのは、治療よりも予防であるとされており、予防医学の重要性が叫ばれています。
病気を予防できれば、その人物にとっても、その国にとってもメリットは多く、余計な医療を施すことも無くなり、使う薬も少なくでき、国の医療費削減にもなります。
このようなことからも、国民の健康を守り、病気を如何にして少なくするかが、とても重要です。

病気の予防方法としては、定期検診や健康に関する知識の普及であり、これらを行うのが保健師の役割です。
このために、今後はますますこのような仕事は重要となります。
特に日頃から定期的に健康診断を受けることは、その人の病気を予防するばかりでなく、病気の早期発見にも繋がり、施す医療も最低限で済みます。
日頃から忙しいと健康診断を受ける機会も少なくなりますが、それを如何にして受けてもらうかも保健師の腕の見せ所です。

当然地域や企業でも検診に力を入れるべきであり、保健師一人ではこのようなことは出来ませんので、地域や企業と連携して検診を行うこととなります。

高齢化社会での役割

日本は高齢化社会に突入しており、今後も益々高齢者は増えて高齢化は加速していきます。
このために医療を必要とする人は、どんどん増えていき、介護を受ける人も増えていきます。
介護に関する世間の関心が高まる中で、その役割は介護士やケアマネージャーなどと細分化されています。
その中で保健師の役割も介護の中では重要であり、如何に介護施設で健康に高齢者が過ごせるかが、保健師の役割と言えます。

保健師としては、入所者の健康管理から、時には医療機関と連携して必要なら診察などを入所者に受けさせることも大事です。
入所者やその家族へのカウンセラーとしての役割もあり、相談などのアドバイスを行います。
介護施設で働くなら、看護師などと同じような知識も必要となります。
病気予防を前提としての仕事ではありますが、食事指導をしたり生活指導をしたりと、介護施設に沿った仕事もいくつか出てきます。

保健師として働けば看護師の資格も取得しているので、看護師として働くことも可能です。
昨今の介護施設は看護師不足が問題となっていますので、看護師が手が空いていないような場合は、代わりに仕事をするようなこともあります。
従来保健師の活躍の場としては地域社会や学校や企業など、健康予防を目的として働くのが主流でした。
しかし今後は介護施設など、もう一歩踏み込んだところでも、介護士のような仕事を時にはしながら働くようなことも出てくるかもしれません。

保健師の就職・転職

保健師としての転職状況

保健師の仕事は公務員としての採用が多いこともあって、頻繁に転職を繰り返すということはあまりありません。

むしろ看護師として勤務をしてきた人が、安定的に勤務ができる仕事を探すために保健師の資格を新たに取得しキャリアを生かした転職をするというケースが多くなっています。

ただし保健師資格を持っているからといって必ずしもすぐに希望の職種に就職をすることができるというわけではありませんので、本当に希望をする職種に就くことができるまで短期的な仕事でつなぎをするという人も見られています。

保健師の求人は長期的な勤務のものだけでなく、数日~数ヶ月単位で勤務をする短期的なものや、曜日や時間を区切って勤務するパートタイムのようなものもあるので、課程の事情に応じてそうしたものを使い分けていくこともできます。

転職先として選ばれる職場

保健師の転職先として人気が高いのはやはり公務員として勤務ができる地域の保健所や保健センター、地域包括支援センターといったところです。

保健師を目指す人の多くはより多くの人の健康を増進するという社会的意義をやりがいとして感じているため、より積極的に活動に参加ができるそうした場所は多くの人から選ばれます。

ただそうした地域の健康管理施設は完全に公営として行われているところばかりでなく、実際の業務については民間の企業に請負に出しているということも多くなっているため半民営組織として仕事をしていくこともあります。

民間企業の中には学校や保健所などからの業務委託を専門に受けているところもあるので、そうした企業に会社員として就職をして実際の業務は保健師としての本職を行うといった方法も増えているようです。

こうした少し複雑な雇用形態の仕事は一般の求人情報にのることはあまりなく、既に何らかの形で保健師としてキャリアを持っている人に優先的に案内されるようになっているものが大半です。

ですので独自に求人をするよりは業務を通じてコネクションを作ったり、専門求人に強い求人紹介サービスを利用するような方法がおすすめになります。

転職をするときの注意点など

キャリアがかなり次の仕事に影響してくるのが保健師としての仕事です。

看護師と異なり保健師は求人の母数自体がかなり少なめになっているので、通常の転職用の情報誌や情報サイトだけでは十分な内容のものを集めることができません。

一般向けの求人情報サービスの場合、そもそも仲介を担当している人が保健師としての業務を詳しく理解していないということもあるため面接などをしてからミスマッチに気づくようなこともありえます。

なので保健師として希望の職種へキャリアアップしていくためには、まずは信頼できる求人仲介のサービスや紹介者を作り、そこから希望している仕事に空いている席がないかの情報を入れるようにしていくのがよい方法となります。

短期的な仕事や時短業務でも多くの場所で仕事をしていくことで次のキャリアに必ずつなげていくことができるのであきらめずに前向きな転職をしていってもらいたいところです。

保健師の仕事内容

保健師資格の内容と担当業務

保健師資格は看護師資格の上位資格として設置されています。

看護師の資格によって主に扱うことができるのは怪我や病気の人、または介護が必要な人への看護行為ですが、保健師はそれにくわえて地域に暮らす集団全体の衛生管理や健康管理までが含まれます。

そのため保健師の資格がある人は、直接的な看護活動よりもむしろ集団で受ける健康診断での管理業務や、季節ごとの流感を防ぐための喚起活動といったことが中心になってきます。

他にも地域にある工場などの施設内で、有害な物質が職場で使用されていないかや大気汚染や水質汚染の可能性がないかといったアセスメント業務を担当することもあります。

保健師の資格が必要な業務として公務員を募集していることも多いので、より安定的に仕事をしていきたいと考えるなら看護師の資格に重ねて保健師を目指すというのもよい方法であると言えます。

保健師としての勤務先

保健師としての就職先で最も人数が多いのは、地域にある健康保険センターや市役所・区役所などの保健衛生課などです。

これらはいずれも公務員としての仕事となるので、採用をされるためには保健師の資格だけでなくそれぞれの地域の公務員採用試験に合格をしなければいけません。

地域の行政管轄の施設の他にも、民間の大病院もしくは企業から求人が出されることもあります。

その場合には企業内の保健室に勤務をしたり、病院内での患者・スタッフのための衛生管理を行うための業務を担当していきます。

最近ではその他にも保育園や幼稚園などの子供が多く集まる場所や福祉施設でも保健師を募集するという事例も増えてきており、あらゆる集団における健康と衛生の担当者として活躍の場所を広げていくいことができます。

少し特殊な例としては民間企業の中でも製薬会社に勤務するという例があり、その場合は専門家としての知識を生かした営業活動や研究活動をしていくことになります。

保健師資格を直接的に生かす仕事という意味では少し違うのですが、保健師として経験してきた衛生管理の知識を生かして新しい製品開発をするといったキャリアアップの方法を選ぶ人も中には見られています。

今後の業務と社会的役割

保健師は看護師など他の医療関連施設と比較をすると知名度もあまり高くなく、一般の人にはどんな仕事を担当するかわかりづらいという面もあります。

ですが年々感染症や衛生面の不備による事件・事故が深刻化している現状から鑑みて、今後はより一層社会的な地位や意義は高まっていくことが予想されています。

実際それまでは保健師を募集してこなかったような場所で求人が出されるなど業務を担当する場所も拡大する傾向があり、これから全く別の分野で活躍ができるようになっていくことも予想されます。

今注目なのが高齢者向けの施設やサービスでの担当業務で、今現在特別に病気などを患っているというわけではない高齢者などに対し、予防医学の観点から定期的に検査や健康維持のための活動を呼びかけていくという仕事で大きなニーズができてきています。

さらに動物を仲介する感染症や、若者の薬物依存や性感染症といった現代ならではの病状も目立っているので、そうした分野での専門家も今後は大きな仕事となっていくのではないかと思われます。

保健師を目指せる学校

保健師資格を得るための条件

保健師となるためにはまず保健師国家試験を受験して合格をしなくてはいけません。

ただし保健師試験は誰でもいつでも受けることができるというわけではなく、看護師や医師同様に専門の教育機関で養成課程を修了することが受験要件となっています。

保健師試験の最も大きな受験要件は「看護師免許」を先に取得しているということで、言い換えればまず看護師の養成課程を全て終えてから看護師国家試験を目指してからでないといけないということになります。

看護師養成課程と保健師養成課程は多くの部分で重複しているので、専門課程のある4年制大学では卒業と同時に看護師試験と保健師試験をダブル受験できるといった制度をつけている場合もあります。

ただしそうしたダブル受験をする場合であっても保健師試験だけに合格をすることはできず、看護師試験に合格をしていないと保健師の試験に合格しても免許を取得することはできなくなっています。

保健師を最短で目指すなら大学選びの段階で保健師養成課程が含まれているかどうかを重視して学校を選ぶようにするとよいでしょう。

主な進学先となる学校

看護師・保健師の養成課程がある学校は全国各地に数多くあるため自分の居住地もしくは将来就職を希望する地域から選ぶことができます。

なお看護師資格には「正看護師」と「准看護師」がありますが「准看護師」は国家資格ではなく都道府県ごとに設置されている職業技能検定試験となっているため、保健師国家資格の受験要件にはなりません。

看護師と保健師の養成課程を同時に受けることができる学校としては「看護学科」など看護の専門課程が設置されている4年制大学が挙げられます。

ハイレベルな学校として知られているところとしては「東京大学医学部健康総合科学科看護学専攻」「都響医科歯科大学医学部保健衛生学科看護学専攻」「慶応義塾大学看護医療学部看護学科」や「上智大学総合人間科学部看護学科」あたりが有名です。

基本的に4年制で専門に大学で看護学を学べる場所ならばどこでも保健師資格と並んで学習ができるようになっているので選択肢の幅はかなり広いと言えます。

参考>>全国保健師教育機関協議会 会員校一覧

学校選びのポイント

4年制大学以外にも保健師資格を得るための方法はあります。

正看護師の資格を得るためには、高校卒業後に3年制の短大もしくは養成課程のある専門学校に通うことで看護師国家試験を受けることができます。

看護師資格に合格をしたあとからでも、大学院で2年の保健師課程や専門学校での養成課程を修了することで保健師試験を受けることができるように定められています。

最初は看護師として社会人になった人があとからキャリアアップや転職のために保健師資格を目指すというケースも多く見られているのであとからでも十分に目指すチャンスはあります。

なお保健師の国家試験自体は合格率は80%台の後半くらいで安定しているので、きちんと在学中に学習や実習をしていけば試験合格はそれほど難易度が高いものではありません。

しかし学校ごとに試験対策や合格率は異なってくるため、新たに大学や専門学校を選ぶ時には国家試験合格率にも注目をして選ぶようにしてみてください。