Category薬剤師

薬剤師とマイナンバーの関係

薬歴管理が容易になる

マイナンバーは、国民一人一人に配布される数字であり、これによって年金や保険などを管理します。
マイナンバーによって、今まで手続きなどが複雑であった社会保険などが、スムーズの行われるようになり、それらの情報管理もしやすくなります。
社会保険などで便利になるばかりでなく、マイナンバーは薬剤師にも関係してきます。

医療業界でもマイナンバーは導入が検討されており、健康保険証もマイナンバー提出のみで済むようになります。
薬剤師としても、薬歴管理をマイナンバーで行えば管理がしやすくなり、もしも患者さんが複数の病院に通っていても、それらの病院で処方されている薬をすぐに把握できるようになります。

カルテも電子カルテになり、マイナンバーを使うと一括管理でき、いままで各医療機関などで管理していたカルテが1つに統一できます。
薬歴が管理できますので、その患者さんが薬を正しく使用しているか、重複して処方されている薬はないか、アレルギーなどで処方してはいけない薬はないかということもすぐに把握できます。
薬の重複や患者さんが残したりするのを防げますので、医療費削減にも繋がります。

マイナンバーによって患者さんのも薬局を利用しやすくなり、薬剤師も薬歴を管理しやすくなり仕事がスムーズになることから、両者にとってメリットが大きいのです。

マイナンバーを使う場合の問題点

マイナンバーは、その患者さんの個人情報が全て入っています。
そのためにマイナンバーが漏れてしまうと、個人情報が第三者に漏れることになり、場合によっては悪用されかねません。
薬剤師として利用する場合でも、厳重に管理することが大切です。

医療業界では確実にマイナンバーは導入される予定なので、その管理をどのように行うかは重要な問題です。
残念ながら現段階では情報漏洩を防ぐ有効な手段はなく、使用には慎重な意見もあります。
そのために、マイナンバーに変わるナンバーを医療業界で独自に発行すべきとの意見もありますが、コスト面などで実現は難しいと考えられます。

しかしマイナンバーを使えば、便利になるのは間違いありません。
患者さんの薬歴を薬局や病院で把握できるようになれば、新しい病院で診察を受けても、その患者さんが使用してきた薬やアレルギーなどの症状がわかり、間違った処方をするのを防げます。
ただしマイナンバーはどのような場合でも、使用するときは事前に本人に通告し、本人の同意を得ないと使用してはいけません。
そのために無断で本人の知らないところで使用されることは、避けねばなりません。
医療業界でマイナンバーを使用するかどうかは、今後慎重に検討を重ねて、決定されることになるでしょう。

薬剤師の年収

薬剤師の平均的な年収額

薬剤師は勤務をするまでの資格取得に長い時間がかかることもあり、就職後の待遇は決して悪いものではありません。

他の医療関連の資格と比較してもかなり高めの水準で年収が設定されていることもあり、安定的に仕事を探していくことが可能です。

平均年収は約510万円とされており、月収ベースでは35~36万円くらいが相場となっています。

加えて正社員として勤務をした場合にはボーナスとして80万円程度が支給されるようになっているので、年収だけで比較した場合の待遇は一般的な会社員よりもかなり優遇されていると言えます。

特に女性にとっては一般の会社員として勤務をした場合には300万円程度の年収が平均的とされているため、一生の仕事にしていくには大変適した仕事になります。

資格を使用する排他的な業務であることから求人数も絞りこまれており、売り手市場の中で自分のペースに合わせた就職先を探すこともできます。

昇給・キャリアアップのための方法

安定的な給与を得ることができる薬剤師ですが、特に何かプランを立てるわけではなく一箇所の就職先に勤務をしていく場合には長く勤務をしてもそれほど極端に年収アップを期待することはできません。

薬剤師の業界においては転職をする人の割合が全体的に多いので、採用をする病院や調剤薬局などでも長期的な勤務プランを作っていないということがよくあります。

ですのでより広い場所で臨床経験を積みたいと思う薬剤師や、それまでの経歴を生かしたよりよい待遇の職場を探したいというときには即戦力を必要とする施設への転職が一般的に選ばれる方法となってきます。

薬剤師の勤務先としては病院や調剤薬局の他にもドラッグストアといった薬品を取り扱う店舗や、介護施設、福祉施設などもあります。

新しく薬剤師を配備する施設などでは経験豊かな薬剤師さんを採用したいと思うため、キャリアが長い人はそれだけ有利な条件で就職をすることができます。

ただ、薬剤師の就職先として多いドラッグストアの場合には給与待遇は他の職場よりも恵まれている反面で、実際の業務は薬剤関連のものよりも店舗運営に関わることの方が多いといったこともよくあります。

具体的には商品の品出しやレジ打ち、接客といったことで、薬剤師さんの中にはもと薬剤に関する仕事をしたいと望み給与面ではやや劣る病院勤務に再度転職をするといったこともよくあります。

薬剤師の資格は転職によって年収を高めやすい性質がありますが、必ずしも年収の高い仕事が自分にとってやりがいがあるかは別になります。

転職を考えるときには年収ばかりを気にするのではなく、その職場に行くことで学べることやさらに数年後のキャリアプランにどういった影響があるかといったことも十分に考えてからにした方がよいでしょう。

薬剤師を目指せる学校

薬剤師資格を得るための条件

薬剤師として勤務をするためには、薬剤師国家試験を受けて合格し免許の登録をしなければいけません。

ただし薬剤師の国家試験を受験するためには厳しい受験要件があり、試験のある年度までに所定の薬学部養成課程を修了していないといけません。

薬剤師の養成課程は6年と定められているため、6年制の課程のある大学かもしくは4年制の薬学部卒業後に残り2年分の養成課程のある大学院か専門学校に通わなくてはいけません。

4年制のあとで2年制の学校に編入するのはかなり面倒な手続きが必要であり、一環した学習を落ち着いて行うことができないため、ほとんどの人は6年制の薬学部を目指します。

なぜわざわざ4年制の大学があるかというと、これは法律が改正される前までは薬剤師養成課程は4年でよかったということが関係しています。

現在でも都市部の国立大の薬学部は4年制のところがいくつか残っているのですが、地方の国公立大や私立大学では早々に6年制の課程へと変更をしています。

主な進学先となる学校

薬学部のある大学は全国にあり、その偏差値レベルもかなり幅があります。

同じ6年制の課程がある大学でも医学部の場合全体の偏差値はかなり高めになっているのですが、薬学部の場合には定員割れをしておりほとんど無試験でも入学ができるような大学も中には存在しています。

どの大学を出ても最終的に薬剤師の国家資格を受験して合格をすることができれば何の問題もないのですが、やはりレベルの高い大学になるほど卒業生の国家試験合格率が高く、在学中から適切な受験対策をしていくことができます。

全国にある薬学部の中でも特に合格率が高いところとして知られているのは広島大学、金沢大学、明治薬科大学、名城大学といったところです。

ただしそれぞれの大学ごとに薬学部の定員数がかなり違っているので、そのあたりもよく考えて学校選びをした方がよいかもしれません。

学校選びのポイント

合格率に開きがあるといっても数%くらいだろうと思ってしまうところですが、実は薬剤師に限っては驚ほどその差があります。

第100回試験だけでみても、トップであった広島大学では合格率が約87%であったのに対し、最下位近くのいくつかの大学は30%台にとどまっています。

その年の新卒卒業生のうち30~40%ということは3人に1人くらいしか合格をすることができないということになるので、これは相当の違いです。

なぜここまで差がついてしまうかということについてはいろいろな理由があるのですが、やはり校風的に試験に真剣に望むことができる環境ができているかということが大きいようです。

薬剤師の仕事は案外卒業して就職してからの横のつながりも大切になるので、できれば一緒に試験を目指し就職後にもよい関係をつくっていけるように合格率の高い学校を選ぶようにした方がいいといえるでしょう。

薬剤師の就職・転職

薬剤師としての転職状況

薬剤師という仕事は転職がかなり多く行われることで知られています。薬

その理由は薬剤師という仕事が国家資格による排他的業務であることから資格所有者が他の業種に比べて求人を選びやすいためです。

一度取得をした資格は一生使っていくことができるので、出産や育児などにより一時的に現場を離れたり、家族の都合で転勤をすることになったりした場合であっても新たに薬剤師として仕事を探していくことができます。

薬剤師の資格を取得し実際に業務に従事している人を見ると、全体の7割程度が女性となっているのですがそれもこのような再就職のしやすさが関係していると言えるでしょう。

また薬剤師は独立をして自ら調剤薬局を作ることができるため、将来的に自分なりのペースで勤務をしたいと思う人にとっても便利な資格となっています。

薬剤師自体への社会的ニーズも年々高まる傾向にあるため、今後は薬剤師たちが独自に新しく業務を発信していくことにもなります。

転職先として選ばれる職場

多様化する薬剤師の仕事ですが、実際に現在どういった職場で薬剤師が求められているかということについては案外薬剤師として働いている人もよくわからなかったりします。

新卒で就職をして数年を過ごしたという薬剤師の場合、その間に社会の動きが大きく変化をしたことにより、以前には全くなかったような職種で薬剤師が求人されていたというようなこともあります。

ですのでもし現在薬剤師としての転職や復職を考えているなら、まずは市場調査として薬剤師の職場はどのようになっているかを知っておく必要があります。

参考>>薬剤師の求人・転職・募集なら「薬剤師転職ドットコム」

現在ではこのように薬剤師という資格専門で求人情報を集めるサービスも登場してきているので、まずはこの検索システムを使って具体的な求人情報を調べてみるのがよいでしょう。

気になる求人が見つかった場合などはサイトに登録をすることで専門のキャリアスタッフよりその求人についてのより詳しい情報を教えてもらうことができます。

転職をするときの注意点など

求人数ということではそれほど苦労なく探すことができる薬剤師ですが、希望通りの転職をするためには目先の情報だけで判断してはいけません。

どの医療関連施設にも言えることですが、求人票として出されている情報だけでは職場の雰囲気や忙しさ、勤務をするときの留意点などがわからないためです。

薬剤師の職場は年々広がりを見せているため、病院施設や調剤薬局、ドラッグストアの他にも介護施設や民間の製薬会社などからも数多く求人が出されるようになりました。

勤務をするときには給与面だけでなく勤務をする場合のシフトや時間、時間外手当などについても確認をとっておかないとあとから「こんなはずじゃなかった」という思いをしてしまうかもしれません。

調剤業務に限定せずに別の形で薬剤師のキャリアを活かせる仕事も数多くあるため、実際の就職活動に入る前に一度求人情報サイトなどで相談をしてみるというのもよい方法です。

薬剤師の仕事内容

薬剤師資格の内容と担当業務

薬剤師とは病院や調剤薬局に勤務をし患者さんが持ち込む処方箋をもとに必要な薬を調合していくということが主な業務の仕事です。

病気治療に使用される薬品の数は無数にあり、それらを病状によってどのように組み合わせていくかということは簡単に一般の人が判断をすることはできません。

また病気治療のために化学薬品を体内に入れるということは、時に思いもよらなかったような症状を副作用として作り出すことにもなってしまいます。

薬剤師という資格はそうした危険性の高い薬品の取扱において、専門的な立場から使い方を指導したり体調・体質に合わせて分量を適合させていくための知識・技術を備えるために存在しています。

薬剤師として勤務をするためには事前に薬剤師の国家試験に合格し免許を登録しないといけないことになっており、無免許の者が同等の業務を行うことは法律により禁止をされています。

薬剤師としての勤務先

薬剤師としての職場で最も多いのはやはり直接薬品の調合を行う調剤薬局です。

調剤薬局はそのほとんどが病院や診療所の近くにあり、そうした医療関連施設で診断を受けた人が病院から受け取った処方箋を持込んで薬を出してもらいます。

調剤薬局にも大手チェーン系と薬剤師資格がある人が独立をして起業した個人系とがあります。

病院勤務の薬剤師の場合、院内に入院している患者さんに対して他の医療スタッフと連携しながら薬を作っていきます。

特殊な治療をするために日本ではまだ未認可の薬品を使うといったこともあるので、そうした場合にも適切なデータをとりながら薬の効果を検証していくことになります。

近年薬剤師の勤務先として急増しているのがドラッグストアに勤務するという仕事です。

ドラッグストアでは市販薬とともに日用品などが多く売られていますが、薬剤師が担当するのは薬局医薬品とされる市販薬の中でも効き目の強い薬です。

そうした効き目の強い市販薬は販売するときにきちんと取扱方法を対面で説明しないといけないことになっているため、ドラッグストアでは薬剤師の常駐が必要とされているのです。

今後の業務と社会的役割

ドラッグストアはもともと米国で始まった営業方法ですが、今ではコンビニエンスストアについで私達一般人にとってなくてはならないお店になっています。

ドラッグストアが数多くできたことで、それまでは町中の薬局や病院にいかないと手に入らなかった市販薬や健康薬品をより手軽に購入できるようになりました。

病気を治療するための医薬品だけでなく、近年では健康維持のための食品類・サプリメントや、美容に役立つ薬品なども多く製品化されています。

薬剤師はそうした一般の人と製薬会社、医療関連施設をつなぐ仲介役ということになり、今後もより一層社会的ニーズは高くなっていくことが予想されます。

特に増加する高齢者にとっては慢性的な疾患への対応とともに生活習慣から来る体の不調改善は重大なものとなるため、そのための業務も薬剤師が一旦を担うことになります。

単に処方箋にしたがって薬を出すというのではなく、より患者さんや利用者にとってよい方法で提案するというスキルが今後は求められていくことでしょう。