Category医療事務

医療事務の将来性

より高いレベルの人材が求められる

医療現場もオートメーション化が進んできており、医療事務も縮小傾向にあります。
事務員の採用も昔と比べると少なくなってきており、少数精鋭で経営する病院も主流になりつつあります。
一方で医療事務の資格は取りやすく、取得する人も多いので、供給過多の傾向にあります。
今後も医療事務の採用倍率は増えると予想され、優秀な事務員が求められていきます。

仕事を行うなら、医療事務として求められるスキルのみならず、パソコン操作もできることは必須です。
また医療事務としての経験があるかどうか、コミュニケーション能力はあるかどうか、など事務のスキル以外の部分も見られます。

しかし医療事務として働くなら、医療クラークとしての道もあり、医師にとってはクラークはとても力強い存在です。
現場としても医師が不足して仕事が激務になっているので、補助してくれるクラークは助かります。
医療クラークの合格率は50%以上と低くないので、医療事務として実務経験があるなら、目指すのも一つの道です。
ただしクラークは、事務作業以外のことも行わねばならず、病院によって作業内容も違いますので、医療事務よりも仕事は大変です。

医療事務として働く場合

医療事務として働くなら、一度離職しても復職しやすく、景気に左右されずに働くことが出来、働く時間もある程度融通が利き、病院なら募集しているので全国何処ででも働けます。
パートとしても時間の都合をつけながら働けます。
しかし資格取得は容易なので、取得して働こうとする人は多く、最近は就職するのが厳しくなっています。

まず小さい病院だと即戦力が求められますので、経験者しか採用してくれません。
未経験者が大手病院などとなりますが、病院側はコスト削減を行ってきているので報酬は高くはないです。
運良く小さな病院で働けたとしても、人手不足だと休みは取りにくいです。

病院はオートメーション化が進んでおり、人の手がだんだんいらなくなってはいますが、それでも完全に無人化するということは無いです。
電子カルテにしても入力は人の手によって行っていますので、完全な無人化はなく、少なくとも今後数十年間は事務などで働く人が必要です。
ただ先に記載したとおり、今後はより優秀な人材が率先して採用される世界となります。

将来性をみるなら、縮小されていく業界ではあります。
看護師免許を持っていても難しいという場合もあり、報酬面を考えるとケアマネージャーの方が若干上です。
しかし逆に考えれば優秀な人材であれば、採用されて長く働くことが出来、安泰な世界とも言えます。
十分な実務経験があったり、優秀なスキルを身につけているなら、将来性があります。

ドクターズクラークとは?

医師事務作業補助

医師不足が問題となっている中で、現場の医師は激務に追われてパンク寸前となっています。
患者の診察からカルテ記載、さらには診断書や処方箋や紹介状作成まですべて一人で行っている医師も多いです。
このような事務作業が多くなっており、本来の医療に集中できずに疎かになっている、というのが現状です。

そこで医師の負担を減らすために誕生したのがドクターズクラークという資格です。
日本語だと医師事務作業補助と言い、医師の事務作業をサポートする目的で設立されました。
実際の仕事では医師の指示の元、事務作業を行っていきます。
2008年からはドクターズクラークを配置すると診療報酬請求の対象となり、今後設置する病院は増えていきます。

仕事内容

ドクターズクラークの仕事は4つに分けられます。

・医療文書作成代行
診断書の文書作成をし、診断書の他に処方箋や紹介状なども作成します。
病院で診察を行えば、多くの文書を作成しますので、仕事の機会は増えるでしょう。

・診療記録入力
電子カルテや、オーダー入力、検査結果出力などを行います。
診察記録入力をするために、外来診察に同席することもあります。

・事務作業
診療データ管理や院内統計や調査、カンファレンス準備など事務に関する業務を行います。

・行政対応
行政へ報告が必要な作業は、データ整理や入力を行って書類にして報告します。

実際の業務は病院によって違いはありますが、事務作業全般を行うのは間違いないです。
医療行為や調剤などは資格がないと行えませんので、全く行うことはありません。
ドクターズクラークとして働くなら、医療に関するそれなりの知識が求められます。

仕事をする場合

ドクターズクラークとして仕事をするなら、特別な資格を取得する必要はありません。
しかしその代わりに知識や技術を評価する方法として、医師事務作業補助技能認定試験という試験がありますので、この試験に合格しないとなりません。
この試験に合格すると、ドクターズクラークとして名乗れます。

事務関係全般の仕事をしますので、その知識は必要です。
仕事をしたいからと言って、募集しているところに応募するだけでは採用は難しいでしょう。
働く場所は小児科や外来などと、いくつもあります。
病院自体が細分化しているので、それぞれに対応した仕事内容となります。
特に小児科なら子供を相手にするスキル、外来なら外来患者を相手にするスキルが求められ、それぞれで必要な技術は違ってきます。

とは言っても、書類作成がメインであり、その書類の形式はどの病院でもさほど違いはないので、まずはその知識を身につけることです。
先の試験に合格するために通信講座などがありますので、それを受けるのが良いでしょう。

医療事務の就職・転職

医療事務としての就職状況

医療事務という職種の就職状況は決して楽なものではありません。

医療関連の仕事は全国的に人手不足となっていますが、直接的に診療にかかわらない医療事務の仕事はそうした流れとは全く別の状態におかれています。

これは一般の事務職に比べて医療事務は全体的に給与に恵まれており、民間団体主催の資格を取得するのもそれほど難しいことではないということが関係しています。

つまりそれまで事務職に就いていた人や、結婚などにより一時的に職場を離れていた人が復職として医療事務を選ぶことが多いために、それが求人全体の競争率を高めているということです。

医療事務の仕事をこれから探すときには、少しでも条件のよいところの求人を狙うライバルが常に多く存在しているということは理解しておくべきでしょう。

就職先として選ばれる職場

医療事務の就職先は病院や診療所、個人医などの診療報酬の計算が必要な施設全般です。

同じ医療事務としても募集であっても、総合病院のような複数の診療科があり多くのスタッフがいるという場所と、ひとつの診療科で運営される個人医とではかなり仕事の内容が異なってきます。

大きな施設の場合、採用されても自分以外に医療事務の担当者がいることが多く、分業をしてそれぞれの範囲内の仕事をしていくのが一般的です。

一方で個人医のようにスタッフの人数が全体的に少ない場所では医療事務として採用されたとしても、診療報酬の計算だけでなく受付や清掃、その他必要な書類などの作成など多くの業務を一人で担当することになるということがよくあります。

給与面で見た場合どちらの方が高いということはなく、その施設ごとにベースが決められています。

ですので仕事内容と給与とのバランスを考えて求人を比較検討していくことが重要になります。

医療事務を目指せる学校

医療事務の仕事をするための条件

医療事務の仕事をするために事前になんらかの資格を取得しなくてはいけないということはありません。

ただ実際の業務においてはかなり特殊な知識を求められるため、事前に民間の技能資格を持っていない全く知識がゼロの人が採用されるということはまずないと思っておいた方がよいでしょう。

仮に無資格者が採用されるとしても、以前に同じような医療事務の仕事をしたという経歴がないと難しくなります。

医療事務の資格は民間団体が主催するものとして「医療事務士」や「メディカルクラーク」「医療秘書」といった名称で試験が実施されています。

特にどの資格が一番有名ということはなく、きちんと信頼性のある団体で主催されていればどの試験を受けても就職の現場で特別に有利・不利となることはありません。

大切なのはあくまでも即戦力となるための知識を備えるということなので、あまり資格を取得することそれ自体を目的とするのではなく実務に役立つ事項を覚えるというふうに考えることも必要です。

学校・資格教材選びのポイント

民間団体が主催する医療事務関連の資格の多くは通信教育として提供されています。

おそらく「医療事務」として資格サイトを検索すればかなりの数で試験の情報を見つけることができるでしょう。

現在結婚や出産、育児などの都合により仕事の現場から離れている人も通信教育なら自宅にいながら手軽に資格取得のための勉強をしていくことができます。

一方で十分に時間がある人なら通信教育ではなくスクールへ通学しながら勉強をするということも可能です。

全国にある事務系や医療系、福祉系の専門学校では資格試験に向けた実務コースが用意されているのでそうしたところで実際に勤務されている人たちからの話を聞きながら勉強をするという方法もあります。

ただ気をつけたいのが医療事務という仕事は医療関連の仕事の中でも飽和状態にあり、売り手市場で求人を探すことができるわけではないということです。

ですので資格を得るにしても実際の業務を意識して、自分なりのアピールポイントを作っていくことが就職活動では大切になってきます。

医療事務の年収

医療事務の平均的な年収額

医療事務として勤務をする場合の平均的な年収額は約300万円~400万円と言われています。

これは一般的な会社員として正規雇用をされた場合の額とだいたい同じくらいなので、平均的な額の範囲に収まっているといえるでしょう。

医療事務の場合は一般的な事務職における経理業務に加えてレセプトの作成という特殊な業務は加わってきますが、慣れてくると他の事務職とだいたい内容は同じということで平均的な値の中に収まってくるということでしょう。

医療事務として勤務をする場合には事前に何らかの資格を取得しておかなければいけないということはないのですが、レセプトの作成はかなり特殊な計算方法となるためいきなり新人がまかされて間違いなく行うことができる業務ではありません。

そのため、それらをひと通り覚えるまでの期間として中途でも未経験で採用する場合はしばらくはかなり安い給与となることもあります。

昇給・キャリアアップのための方法

医療事務の仕事そのものは一般的な事務職と比較した時求人面で有利な条件となっています。

これはやはり診療報酬の計算やオペレーション、病棟クラーク、カルテの管理といった他の一般企業にはなりような業務が多く含まれてくることが関係しているからでしょう。

ただその分採用に関する競争率は厳しく、求人票で「未経験」とうたっている場所でも実質的には未経験・無資格では採用はかなり厳しいという状況となっています。

これから医療事務の仕事をしたいと希望するならやはり事前に何らかの関連資格をとっておくことはほぼ必須といえるでしょう。

医療事務の仕事内容

医療事務の内容と担当業務

医療事務とは、一般企業にも必ず設置されている事務関連の業務を担当する職種の医療関連施設版にあたります。事務

企業においては実際の営業や製造の活動の他、それらを行うための経費を計算したり、従業員のための備品を管理したりといった仕事をする間接部門と言われる仕事が必ず必要となってきますが、医療事務ではそうした管理業務を引き受けて内部のスタッフが働きやすくなるように雑務を行っていきます。

ただ医療事務が一般の事務職と大きく異なるのが、診療報酬という医療施設ならではの経理方法を用いるということです。

私達は普段病院などで病気や怪我の診療を受けた時、保険証を提示することにより負担金額を数割にまで減額することができます。

そうした保険の適用などによる実際の診療代金の精算を行っていくのが医療事務の仕事というわけです。

医療事務としての勤務先

医療事務求人は当然のことながら医療関連施設から出されます。

全国にある公立・私立の病院や診療所、その他整骨医など保険が適用できる場所ならば医療事務の知識を持った人は必ず必要になります。

医療事務の仕事をするために必ず事前に取得をしなければいけないとされる資格はないため、未経験・無資格で採用されてから内容を自分なりに覚えていくという人もいます。

しかし実際には突然の欠員が出たような場合に全く未経験の人が採用されても診療報酬の請求書類をすぐに作ることができないため、医療事務の勉強をして民間の技能資格を所持しているか、もしくは以前に同等の業務をしたことがある人が優先的に採用されます。