Category歯科助手

歯科助手の子供対応

子供の年齢に合わせる

子供は虫歯になったとしても、歯科医院にはなかなか行こうとはしません。
それは歯科院での治療は怖いものだと先入観があり、どうしても治療の道具の音が苦手という子供も多いようです。
しかし予防歯科のために定期的に訪れる子供や、親に無理矢理連れて行かれる子供などがいます。
どうにか歯科医院に来たとしても、診察台に横になり口を開けてもらわないと診療は出来ません。

やはり小さな子供の場合は、歯科助手の方も優しい言葉をかけて、怖くないところだと思わせないといけません。
優しい歯科助手の人がいる場所だと思えば、素直に診療にも応じてくれます。
しかし幼稚園以降の大人の言葉が理解できるようになった子供の場合は、もちろん優しく対応するのは大事ですが、診察室に親まで一緒に入らせるのは良くありません。
親に甘えて上手く診療が進まないことがあります。

ただしどのような場合も必ず親とは別にして、診療を受けさせるのが良いとは限りませんので、子供や親の性格を見て、親と一緒に診療を受けさせるかどうか判断すべきです。
この判断を下すのも歯科助手の腕の見せ所であり、やはり経験を積まないと適切な判断は難しいかもしれません。

中には保護者の方がすぐ終わるよと言って、子供を診察台に向かわせることもありますが、すぐ終わらなければ歯医者嫌いになるので、このような親は待合室で待ってもらっていた方が得策です。

診察台に上がった子供が、治療に対して不安に思っているような場合は、声をかけて安心させるのも良いですが、子供用のアニメの音楽を携帯プレイヤーを使ってヘッドフォンで聞かせる、絵本などを読んで気を紛らわせるなどのことをしても良いでしょう。

保護者からの質問

保護者が子供の歯の状態について質問してくることもあります。
例えば、お菓子を食べさせても良いのか、指しゃぶりをしてしまう、歯並びについてなどの質問があります。
このような時に、歯科助手が勝手な判断で回答するのは良くないので、予め質問される内容を想定し、医師に確認し、回答を用意しておくのが良いです。

また保護者と一緒に子供が歯科医院にやってきたとしても、しつけが出来ずに、好き勝手に暴れ回る子供もいます。
歯科医院にはこのような親子以外の患者さんが多数やってきますので、子供が暴れると迷惑になります。
しかし保護者だけで対応できないような場合は、歯科助手がフォローして、絵本やおもちゃの方に誘導するなどのことを、する必要も出てきますので、これも大変です。

歯科助手は患者さんのサポートをするのが仕事であり、それは若い人からお年寄りまで、さらには子供のサポートもしないとなりません。
そして子供は予想外のことをしますので、このときの対応が腕の見せ所です。

歯科助手の大変さ

仕事は大変

歯科助手として働くと、大変と感じる人は多いです。
離職率が高くスタッフの入れ替えが激しい業界です。
歯科助手として働いて大変と思う理由は、給料が低い、社会保険に入れない、患者さんの血を触るので感染症が心配、勤務時間が長いということがあります。

歯科助手が大変と感じる原因については、多くの歯科医院が個人開業ということもあるかもしれません。
個人開業だと企業のような待遇が望めないというのがあり、また職場の人間関係にしても居心地が悪ければすぐに辞めてしまうというような人も多く、なかなか安定しない職業です。

またどこの業界でもありますが、新人いじめというのも歯科医院ではあります。
昔から働いている人には院長は何も言わないのに、同じミスをすると新人には口うるさくいうということはあります。
どうしても新人の方が言いやすいので、このようなことが起こってしまいます。

具体的に大変なこと

それではどのようなことが大変なのでしょうか?

・求人内容と違う

多くの歯科助手が思うことが、求人内容と違うということです。
求人内容は良いと思うようなことが書いていたのに、実際に働くと違うということはよくあります。
事務受付だけと記載されていたのに、掃除や洗濯などまでさせられてしまうというようなこともあります。
しかしこのような仕事は新人の仕事としては当たり前なので、応募前には雑務も仕事としてあると考えていた方が良いでしょう。

・専門用語を覚えるのが大変

特別な資格がなくても働けるのが歯科助手ですが、それ故に仕事を始めて専門用語を覚えるとなると大変です。
大学などで予備知識を学んでないので、覚えていくには自分で勉強していかないと仕事についていけなくなります。
また事務をするとなると、医療事務についても覚えないとならず、カルテの作り方などを覚える必要があるかもしれません。

・人間関係

どこの企業でもあることですが、やはり歯科医院でも人間関係はあります。
周りの人と上手くやれば仕事もスムーズに進みますが、ぎくしゃくしてくると円滑な体制での仕事が出来なくなります。
人間関係が上手くいかずに辞めると言う人も多く、上手くいかないのに働いていくのは苦痛にしかなりません。

・休みが思うように取れない

歯科医院は人手不足の業界であり、歯科助手は不足気味です。
これは乱立する歯科医院に原因があります。
人手不足となると、思うように休みが取れない、仕事時間が長いということになり、プライベートな時間が取りにくくなります。
また人手不足から、歯科助手が本来行ってはいけない業務、カルテ作成、詰め物除去、フッ素塗布などをさせられる歯科医院も多いです。
これらの行為が発覚すると書類送検になるので、気をつけた方が良いです。

歯科助手の面接

面接で聞かれる内容

歯科助手を目指すなら、応募するとほぼ間違いなく面接はあると思っていた方が良いです。
そしてその面接に合格しないと、歯科助手として採用はされません。
面接では以下のような内容が聞かれます。

・職歴やアルバイト
・志望動機
・自己PR
・長所や短所
・その歯科医院を選んだ理由
・血を見て具合が悪くならないか
・小さい子供は好きか

おおよそ、どの職種でも聞かれるような志望動機やその会社を選んだ理由について、さらには血は大丈夫か?子供は好きか?など歯科医院特有の質問もあります。
最近はとんちのような、あなたを物に例えると何ですか?などという面接の質問が流行っていますが、歯科医院を目指すなら、そのような質問はされないと思って大丈夫です。

正社員ではなく、パートやアルバイトとして働くなら、子供がいるなら緊急時は働けるか?学生ならテスト期間中も働けるか?など主に時間に関することも聞かれます。
パートやアルバイトでも、面接内容は正社員の時と同じと思っておくべきであり、決して難易度は低くなっているとは思わないことです。

求められる人材

歯科医院によって求める人材は、多少の違いはあれども、ほぼどこも同じです。

・責任感がある人
すぐ辞めてしまうような人や、遅刻ばかりしているような人は採用されません。
転職回数が多いと、その理由を聞かれますので、遅刻などで職場があわずに辞めたとなると、面接ではマイナス要素となります。

・礼儀正しい人
お客さんを相手にしますので、礼儀正しく対応が出来ることが大切です。
また仕事中に他の歯科助手と団らんしたりするのは、もってのほかです。
今までの会社で、クレームがきて辞めたとなると、そのことを面接で聞かれるでしょう。

・コミュニケーション能力のある人
子供から老人まで歯科医院には訪れますので、笑顔で患者さんに応対できる人が求められます。
時には治療を恐れて緊張しているような患者さんを、何気ない会話で和らげるテクニックも必要かもしれません。

・向上心のある人
歯科助手となったなら、現場で覚えることは多いです。
専門知識も必要とされますので、日頃からそのようなことを学んでいく向上心が必要です。

・清潔な人
患者さんを相手にするので、清潔であることは重要です。
化粧が濃かったり、香水の臭いがきつい、体臭や口臭が酷いなどという人は、不採用となる可能性が高いです。

このような人が歯科助手としては求められ、普通に考えるなら患者さんを相手にするのに適した人が求められているということになります。
ただ面接では、条件にあっているだけでなく、自分の長所や強みを如何にアピールできるかも重要となります。
もしも面接を受ける人が何人もいれば、そのようなことで他よりも突出していたり秀でている人が採用されることとなります。

歯科助手の就職・転職

歯科助手としての転職状況

歯科助手は資格を必要としない未経験OKの職種であるため、特に前職までのキャリアが重視されるということもありません。

ただ、歯科助手から歯科助手といった同業での転職ではなく他業種から歯科業界に入ってくるという人はかなりの割合で見られています。

歯科助手という仕事は歯科医院という医療関連施設に勤務をするものの、実際の診療行為は行わず、患者さんに直接触れるといったこともありません。

業務内容はどちらかというと器具の準備や書類のファイリング、その日の記録や院内の清掃といった事務作業が大半となるため、それまで事務職などをされてきた人ならそれほど苦労を感じることなく歯科助手としての仕事になじんでいくことができるかと思われます。

ですので医療関連の求人情報サイトなどでも、歯科助手としての募集に応じる人材として事務職や販売職であった人も積極的に推薦するという動きが見られています。

転職先として選ばれる職場

もちろん歯科助手の仕事をそれまでされてきた方が別の歯科医院に同じ歯科助手として勤務をすることもできます。

採用する側も新たに研修などで教えなくても歯科業界で一般的に使用する機材や処理の方法を知っている人を雇うので喜ばれることも多くなります。

ただ歯科医院は個人医が多いこともあり、内部で行われる処理方法についてはそれぞれ異なる方法をとっていることもよくあります。

新たに転職をしてそこで歯科助手の仕事をしていくなら、あまり前職のやり方にこだわるよりも新しい職場の方法に早く馴染むようにしていくことが大切といえるでしょう。

現在歯科助手として勤務をされている方であっても、現在の職場では雑用が多く歯科に関連する仕事が少なすぎると感じていたり、逆に医療系の仕事よりも受付や清掃といった事務系の仕事を中心にしたいという場合にはそれを理由に別の歯科医院を探すということもできます。

歯科医院の数はそれなりに多いため求人数は少なくはないのですが、歯科同士の競争はかなり厳しいので業績も少し調べてからの方がよさそうです。

歯科助手のやりがい

歯科助手の仕事を通じてわかること

歯科助手の仕事は、歯科医院における事務作業全般です。

誰しも子供の時に一度は歯科医院にかよってそこで怖い思いをしたことがあると思いますが、歯科というのは他の病院施設と比べても人気が悪く大人であっても強い苦手意識を持っている人が多く見られます。

歯科助手はそうした歯科全体に対して持たれている悪いイメージを払拭するための仕事もしていくことになります。

人気の歯科医院などに行ってみるとわかりますが、そうした場所は院内に一歩入っただけで雰囲気がよく落ち着いて順番を待つことができる工夫がされています。

待合室や診療室のインテリアなどは院長やそこで働くスタッフのアイディアで構成されていることもありますが、大抵の場合は清掃などを担当する歯科助手によるものであったりします。

仮にすでにインテリアなどがきちんと決められている場所でも、それをきちんと清掃し整えるのも重要な役目になります。

歯科助手の適正

歯科助手としての適正は、一般の会社員での事務職とそう著しく変わったところはありません。

基本的な仕事は職場の環境を整備し、必要になる器具や書類をすぐに使えるようにしていくということです。

ですので、基本的なファイリングや事務作業のノウハウが備わっていることが歯科助手としての適正になってきます。

ただし歯科助手の場合一般的な会社での事務職と大きく異なるのが衛生面での配慮です。

患者さんの治療に使用した機材を適正な手順で消毒をしたり、すぐに使えるように分類しておいたりといったことが必要です。

そのため雑に器具を取り扱うようなことがあっては、単に使いにくいということだけでなく訪れる患者さんに感染症を起こしてしまう危険までがあります。

細かい指示や作業をきちんと言われた手順で行うという姿勢も歯科助手には求められます。

歯科助手として長く働いていくために

歯科助手の仕事は無資格でできるものですが、そのことがむしろ歯科業界での仕事をやりにくくしている部分もあります。

というのも数多く存在する歯科医院の多くでは、歯科衛生士として直接的に歯科の診療業務を補助することができる人材が不足をしているからです。

そのため人材難にあえぐ歯科医院の中には、やむを得ず無資格の歯科助手に歯科衛生士の担当業務をさせているようなところも見られます。

こうした行為は違法であるため、のちに処罰を受けることもあります。

ですのでより今後長く歯科助手として仕事をしていくなら、どこかのタイミングで歯科衛生士の資格を取得することが勧められます。

歯科助手の年収

歯科助手の平均的な年収額

歯科助手としての仕事はいわば歯科医院内における事務職といえるものであるため、全体的にはそれほど高い水準というわけではありません。歯科

ただ一般企業の事務職と比較して、扱う業務がやや特殊であることと覚えるべきことが多いということから若干高めになる傾向は見られます。

平均的な年収額は300万円~400万円くらいですが、月収ベースでは13万円~15万円くらいまでが限度とされています。

かなり流行っている人気の歯科医院の場合はそれよりももう少し多く年収が設定されていることもありますが、一般的には上記が上限くらいであるというふうに考えた方がよいでしょう。

昇給・キャリアアップのための方法

歯科助手の仕事は業務の性格上、そこに勤務をする歯科医師の指示のもと事務的な業務を行っていくことになります。

そのため自主的な判断でより多くの仕事をしたいと希望をする場合には、歯科助手ではなく別の資格を取得するなどして新たにキャリアアップできる道筋をつくっていく必要があります。

同じ歯科業界でキャリアアップを目指すなら、まず最初におすすめになるのは歯科衛生士です。

歯科衛生士は歯科医師の指示のもと、口腔内で使用する治療器具を制作したり患者さん自身にその使い方を説明したりする役割をするものです。

診療行為にあたらない歯石の除去や口腔内への薬の塗布、また歯ブラシ方法の講習会といったものも歯科衛生士の資格があれば行うことができるので歯科助手よりもかなりやりがいもアップしていきます。

また歯科衛生士となることで実際に歯科医師が患者さんの口腔内の治療をするときに代わりに器具を持ったり支えたりといった補助業務も担当できるため、歯科医院に勤務している人ならではの経験もたくさん積んでいくことができます。

歯科衛生士になるためには歯科衛生士養成課程のある学校で3年をかけて学び、国家資格である歯科衛生士を受験します。

歯科衛生士と歯科助手の両方のコースが受講できる専門学校もありますが、できれば歯科衛生士としての学習をしておいた方がのちのキャリアアップには有効です。