歯科助手の大変さ

仕事は大変

歯科助手として働くと、大変と感じる人は多いです。
離職率が高くスタッフの入れ替えが激しい業界です。
歯科助手として働いて大変と思う理由は、給料が低い、社会保険に入れない、患者さんの血を触るので感染症が心配、勤務時間が長いということがあります。

歯科助手が大変と感じる原因については、多くの歯科医院が個人開業ということもあるかもしれません。
個人開業だと企業のような待遇が望めないというのがあり、また職場の人間関係にしても居心地が悪ければすぐに辞めてしまうというような人も多く、なかなか安定しない職業です。

またどこの業界でもありますが、新人いじめというのも歯科医院ではあります。
昔から働いている人には院長は何も言わないのに、同じミスをすると新人には口うるさくいうということはあります。
どうしても新人の方が言いやすいので、このようなことが起こってしまいます。

具体的に大変なこと

それではどのようなことが大変なのでしょうか?

・求人内容と違う

多くの歯科助手が思うことが、求人内容と違うということです。
求人内容は良いと思うようなことが書いていたのに、実際に働くと違うということはよくあります。
事務受付だけと記載されていたのに、掃除や洗濯などまでさせられてしまうというようなこともあります。
しかしこのような仕事は新人の仕事としては当たり前なので、応募前には雑務も仕事としてあると考えていた方が良いでしょう。

・専門用語を覚えるのが大変

特別な資格がなくても働けるのが歯科助手ですが、それ故に仕事を始めて専門用語を覚えるとなると大変です。
大学などで予備知識を学んでないので、覚えていくには自分で勉強していかないと仕事についていけなくなります。
また事務をするとなると、医療事務についても覚えないとならず、カルテの作り方などを覚える必要があるかもしれません。

・人間関係

どこの企業でもあることですが、やはり歯科医院でも人間関係はあります。
周りの人と上手くやれば仕事もスムーズに進みますが、ぎくしゃくしてくると円滑な体制での仕事が出来なくなります。
人間関係が上手くいかずに辞めると言う人も多く、上手くいかないのに働いていくのは苦痛にしかなりません。

・休みが思うように取れない

歯科医院は人手不足の業界であり、歯科助手は不足気味です。
これは乱立する歯科医院に原因があります。
人手不足となると、思うように休みが取れない、仕事時間が長いということになり、プライベートな時間が取りにくくなります。
また人手不足から、歯科助手が本来行ってはいけない業務、カルテ作成、詰め物除去、フッ素塗布などをさせられる歯科医院も多いです。
これらの行為が発覚すると書類送検になるので、気をつけた方が良いです。

歯科助手の面接

面接で聞かれる内容

歯科助手を目指すなら、応募するとほぼ間違いなく面接はあると思っていた方が良いです。
そしてその面接に合格しないと、歯科助手として採用はされません。
面接では以下のような内容が聞かれます。

・職歴やアルバイト
・志望動機
・自己PR
・長所や短所
・その歯科医院を選んだ理由
・血を見て具合が悪くならないか
・小さい子供は好きか

おおよそ、どの職種でも聞かれるような志望動機やその会社を選んだ理由について、さらには血は大丈夫か?子供は好きか?など歯科医院特有の質問もあります。
最近はとんちのような、あなたを物に例えると何ですか?などという面接の質問が流行っていますが、歯科医院を目指すなら、そのような質問はされないと思って大丈夫です。

正社員ではなく、パートやアルバイトとして働くなら、子供がいるなら緊急時は働けるか?学生ならテスト期間中も働けるか?など主に時間に関することも聞かれます。
パートやアルバイトでも、面接内容は正社員の時と同じと思っておくべきであり、決して難易度は低くなっているとは思わないことです。

求められる人材

歯科医院によって求める人材は、多少の違いはあれども、ほぼどこも同じです。

・責任感がある人
すぐ辞めてしまうような人や、遅刻ばかりしているような人は採用されません。
転職回数が多いと、その理由を聞かれますので、遅刻などで職場があわずに辞めたとなると、面接ではマイナス要素となります。

・礼儀正しい人
お客さんを相手にしますので、礼儀正しく対応が出来ることが大切です。
また仕事中に他の歯科助手と団らんしたりするのは、もってのほかです。
今までの会社で、クレームがきて辞めたとなると、そのことを面接で聞かれるでしょう。

・コミュニケーション能力のある人
子供から老人まで歯科医院には訪れますので、笑顔で患者さんに応対できる人が求められます。
時には治療を恐れて緊張しているような患者さんを、何気ない会話で和らげるテクニックも必要かもしれません。

・向上心のある人
歯科助手となったなら、現場で覚えることは多いです。
専門知識も必要とされますので、日頃からそのようなことを学んでいく向上心が必要です。

・清潔な人
患者さんを相手にするので、清潔であることは重要です。
化粧が濃かったり、香水の臭いがきつい、体臭や口臭が酷いなどという人は、不採用となる可能性が高いです。

このような人が歯科助手としては求められ、普通に考えるなら患者さんを相手にするのに適した人が求められているということになります。
ただ面接では、条件にあっているだけでなく、自分の長所や強みを如何にアピールできるかも重要となります。
もしも面接を受ける人が何人もいれば、そのようなことで他よりも突出していたり秀でている人が採用されることとなります。

医療事務の将来性

より高いレベルの人材が求められる

医療現場もオートメーション化が進んできており、医療事務も縮小傾向にあります。
事務員の採用も昔と比べると少なくなってきており、少数精鋭で経営する病院も主流になりつつあります。
一方で医療事務の資格は取りやすく、取得する人も多いので、供給過多の傾向にあります。
今後も医療事務の採用倍率は増えると予想され、優秀な事務員が求められていきます。

仕事を行うなら、医療事務として求められるスキルのみならず、パソコン操作もできることは必須です。
また医療事務としての経験があるかどうか、コミュニケーション能力はあるかどうか、など事務のスキル以外の部分も見られます。

しかし医療事務として働くなら、医療クラークとしての道もあり、医師にとってはクラークはとても力強い存在です。
現場としても医師が不足して仕事が激務になっているので、補助してくれるクラークは助かります。
医療クラークの合格率は50%以上と低くないので、医療事務として実務経験があるなら、目指すのも一つの道です。
ただしクラークは、事務作業以外のことも行わねばならず、病院によって作業内容も違いますので、医療事務よりも仕事は大変です。

医療事務として働く場合

医療事務として働くなら、一度離職しても復職しやすく、景気に左右されずに働くことが出来、働く時間もある程度融通が利き、病院なら募集しているので全国何処ででも働けます。
パートとしても時間の都合をつけながら働けます。
しかし資格取得は容易なので、取得して働こうとする人は多く、最近は就職するのが厳しくなっています。

まず小さい病院だと即戦力が求められますので、経験者しか採用してくれません。
未経験者が大手病院などとなりますが、病院側はコスト削減を行ってきているので報酬は高くはないです。
運良く小さな病院で働けたとしても、人手不足だと休みは取りにくいです。

病院はオートメーション化が進んでおり、人の手がだんだんいらなくなってはいますが、それでも完全に無人化するということは無いです。
電子カルテにしても入力は人の手によって行っていますので、完全な無人化はなく、少なくとも今後数十年間は事務などで働く人が必要です。
ただ先に記載したとおり、今後はより優秀な人材が率先して採用される世界となります。

将来性をみるなら、縮小されていく業界ではあります。
看護師免許を持っていても難しいという場合もあり、報酬面を考えるとケアマネージャーの方が若干上です。
しかし逆に考えれば優秀な人材であれば、採用されて長く働くことが出来、安泰な世界とも言えます。
十分な実務経験があったり、優秀なスキルを身につけているなら、将来性があります。

ドクターズクラークとは?

医師事務作業補助

医師不足が問題となっている中で、現場の医師は激務に追われてパンク寸前となっています。
患者の診察からカルテ記載、さらには診断書や処方箋や紹介状作成まですべて一人で行っている医師も多いです。
このような事務作業が多くなっており、本来の医療に集中できずに疎かになっている、というのが現状です。

そこで医師の負担を減らすために誕生したのがドクターズクラークという資格です。
日本語だと医師事務作業補助と言い、医師の事務作業をサポートする目的で設立されました。
実際の仕事では医師の指示の元、事務作業を行っていきます。
2008年からはドクターズクラークを配置すると診療報酬請求の対象となり、今後設置する病院は増えていきます。

仕事内容

ドクターズクラークの仕事は4つに分けられます。

・医療文書作成代行
診断書の文書作成をし、診断書の他に処方箋や紹介状なども作成します。
病院で診察を行えば、多くの文書を作成しますので、仕事の機会は増えるでしょう。

・診療記録入力
電子カルテや、オーダー入力、検査結果出力などを行います。
診察記録入力をするために、外来診察に同席することもあります。

・事務作業
診療データ管理や院内統計や調査、カンファレンス準備など事務に関する業務を行います。

・行政対応
行政へ報告が必要な作業は、データ整理や入力を行って書類にして報告します。

実際の業務は病院によって違いはありますが、事務作業全般を行うのは間違いないです。
医療行為や調剤などは資格がないと行えませんので、全く行うことはありません。
ドクターズクラークとして働くなら、医療に関するそれなりの知識が求められます。

仕事をする場合

ドクターズクラークとして仕事をするなら、特別な資格を取得する必要はありません。
しかしその代わりに知識や技術を評価する方法として、医師事務作業補助技能認定試験という試験がありますので、この試験に合格しないとなりません。
この試験に合格すると、ドクターズクラークとして名乗れます。

事務関係全般の仕事をしますので、その知識は必要です。
仕事をしたいからと言って、募集しているところに応募するだけでは採用は難しいでしょう。
働く場所は小児科や外来などと、いくつもあります。
病院自体が細分化しているので、それぞれに対応した仕事内容となります。
特に小児科なら子供を相手にするスキル、外来なら外来患者を相手にするスキルが求められ、それぞれで必要な技術は違ってきます。

とは言っても、書類作成がメインであり、その書類の形式はどの病院でもさほど違いはないので、まずはその知識を身につけることです。
先の試験に合格するために通信講座などがありますので、それを受けるのが良いでしょう。

産業保健師

仕事内容

企業で働く従業員の健康を維持するのが仕事であり、勤務場所はその企業内となります。
企業に保健室や医務室などがあり、そこに待機して仕事をします。
勤務中に体調不良になった人が訪れたり、怪我をした人が来れば手当をして、さらには健康診断の実施や健康指導なども行います。
従業員の健康相談にも応じ、時には職場の人間関係などの悩みも聞き、カウンセラーのようなことも行います。

仕事を行うとその内容は幅広いので深い知識と判断力、そしてカウンセリング能力が求められます。
企業で勤務すると常勤の医師はいませんので、従業員の体調不良や怪我は、すべて産業保健師が対応します。
特に傷の手当てや病気の看護など、看護師と同じような技術が必要です。
しかし全てのケースを一人で対応するのではなく、保健師の範囲を超えていると思われるケースは、医療機関へ行くようにすすめます。

ただし医療機関へ行くと、その従業員は仕事が出来なくなりますので、その判断は難しいところです。
カウンセリングも行いますので、働く保健師の中にはカウンセラーの資格を取る人もいます。
企業によっては保健師に求められることは違い、実際に働くならその企業の特色をよく知るとスムーズに業務が行えます。

産業保健師になるには

産業保健師になるには、もちろん保健師としての資格も必要ですが、それ以上にその企業の健康管理を行えるかが重要です。
これは働くと社員の話しを聞いて、きちんと対応策を伝えるということが出来ないとなりません。
多くの場合は、産業保健師になるには、転職サイトなどを利用して募集しているところに応募しますが、必ず面接はあります。
その面接の時には、面接官の話をしっかり聞いて、的確に答えられるかということが見られます。

また企業ごとにも求める人材が違いますので、応募する前にはその企業のリサーチは必須です。
しかし個人でそれを知るには限界がありますので、転職コンサルタントなどを利用して知るというのが良いでしょう。
面接では資格取得していることはもちろんですが、それ以上にその資格を利用して過去にどのような成果を上げたかが注目されます。
やはり実績がないと採用はされませんので、新人の保健師で応募するのは無謀です。
どこかで働いて実績をつけてから応募した方がいいでしょう。

産業保健師を目指すなら、履歴書の書き方や面接の仕方など、こればかり勉強しても採用は難しいです。
小手先の技術だけでなれる職業ではありません。
面接官は、常にその人物が企業で使えるのかどうかを見ますので、使えない人物と判断されては、いくら履歴書や面接の仕方が良くても採用にはなりません。
まずは実績を積み重ねることを目指しましょう。

保健師の今後

予防医学の面から

保健師は従来から、地域や企業で病気の予防や健康相談などを行っており、健康に関する知識や公衆衛生の普及に努めてきました。
医学では最近になって重要なのは、治療よりも予防であるとされており、予防医学の重要性が叫ばれています。
病気を予防できれば、その人物にとっても、その国にとってもメリットは多く、余計な医療を施すことも無くなり、使う薬も少なくでき、国の医療費削減にもなります。
このようなことからも、国民の健康を守り、病気を如何にして少なくするかが、とても重要です。

病気の予防方法としては、定期検診や健康に関する知識の普及であり、これらを行うのが保健師の役割です。
このために、今後はますますこのような仕事は重要となります。
特に日頃から定期的に健康診断を受けることは、その人の病気を予防するばかりでなく、病気の早期発見にも繋がり、施す医療も最低限で済みます。
日頃から忙しいと健康診断を受ける機会も少なくなりますが、それを如何にして受けてもらうかも保健師の腕の見せ所です。

当然地域や企業でも検診に力を入れるべきであり、保健師一人ではこのようなことは出来ませんので、地域や企業と連携して検診を行うこととなります。

高齢化社会での役割

日本は高齢化社会に突入しており、今後も益々高齢者は増えて高齢化は加速していきます。
このために医療を必要とする人は、どんどん増えていき、介護を受ける人も増えていきます。
介護に関する世間の関心が高まる中で、その役割は介護士やケアマネージャーなどと細分化されています。
その中で保健師の役割も介護の中では重要であり、如何に介護施設で健康に高齢者が過ごせるかが、保健師の役割と言えます。

保健師としては、入所者の健康管理から、時には医療機関と連携して必要なら診察などを入所者に受けさせることも大事です。
入所者やその家族へのカウンセラーとしての役割もあり、相談などのアドバイスを行います。
介護施設で働くなら、看護師などと同じような知識も必要となります。
病気予防を前提としての仕事ではありますが、食事指導をしたり生活指導をしたりと、介護施設に沿った仕事もいくつか出てきます。

保健師として働けば看護師の資格も取得しているので、看護師として働くことも可能です。
昨今の介護施設は看護師不足が問題となっていますので、看護師が手が空いていないような場合は、代わりに仕事をするようなこともあります。
従来保健師の活躍の場としては地域社会や学校や企業など、健康予防を目的として働くのが主流でした。
しかし今後は介護施設など、もう一歩踏み込んだところでも、介護士のような仕事を時にはしながら働くようなことも出てくるかもしれません。